イギリスの探検家ティルマンが「世界で最も美しい谷」と絶賛したランタン谷。
その元々の意味は、"牛が横たわる"という意味で、
牛がチベットから草を探して谷に来たら、草がたくさんあり、
お腹いっぱいになって寝てしまったからといわれています。
由来通り、ランタン谷は「花の谷」として知られるフラワーウォッチングのメッカです。

ヒマラヤを代表する幻の花「ブルーポピー」をはじめ、
シャクナゲやすみれなど季節に応じて、色とりどりの花々が咲き誇ります。
群生する花も多くありますので、あたり一面赤や黄色の絨毯となり、
時間の許す限り、シャッターを切ることでしょう。

カトマンズから最も近い山群でありながら、交通のアクセスが不便なため、
他の山群に比べ、トレッカーの数も少なく、静かな山旅をお楽しみいただけます。


お読みになりたいコースをクリックしてください。

世界一美しい谷・ランタン谷(4350m)トレッキング14日間


ランタンゴサインクンダとスルヤピーク(5144m)登頂トレック12日間